短く軽く、やんわりと。
見出し画像

短く軽く、やんわりと。

吉本ユータヌキ

あけましておめでとうございます

本年もどうぞどうぞ、よろしくお願いいたします。今年は綺麗に年を越せた気がしてるんです。たぶん去年末にちゃーんと1年を振り返ったから。
今まで年末になるとバッタバタで、ドッタバッタと気がつけば新年!みたいな34年間を過ごしてきたんですけど、去年は時間を作って、2022年の準備ができた状態で、安心して迎えられたからのような気がしています。
安心しすぎて31日は23時54分に布団の中で時計を見たのが最後、気がつけば今年になってました。35年目、肩の力抜いてやんわりやっていきます。


2回目の初かまくら

滋賀県では年末から年明けにかけて猛烈な雪がやってきました。1mぐらい積もって、過去最高だったらしいです。僕が育ってきた大阪では雪が積もることなんてほぼない(降ることすら少ない)ので、想像を遥かに越える積雪にテンションが上がってたら娘が「パパ!かまくらに入ってみたい!」と。
ーあれ?1年前も作ったんやん。と言ったら「覚えてない」とのこと。あらま。たった1年前でも忘れてしまうのね。

少し前にTwitterで「子どもの記憶には残らないから〇〇しても無駄」という意見を見た。確かに、いま娘に聞いても2歳の時に行ったアンパンマンミュージアムも、3歳の時に言ってくれた「パパと結婚する」も、去年のかまくらも全部覚えてない。ちょっと寂しい気持ちもあるけど、僕はそれでいいと思った。娘の喜んだ笑顔とか言葉をもらって心が動いたことは事実だし、覚えてなければ話してあげればいい。だから写真もムービーも撮って残したいし、それを見て思い出せなくても全然いい。
それに、忘れてたからこそ、今年も初かまくらに入った瞬間の驚きと感動が溢れたキラキラの笑顔を見れたと思うから。


一瞬一瞬、大切に生きる

20年末にディズニーの「ソウルフルワールド」を観て、めちゃくちゃ感銘を受けた。けど、その感銘の正体がわかってなくて"なんか感銘を受けた"という、ざっくりした、言うならば"感迷"のまま21年を迎え、1年が終わろうとしていたので21年末に観ました。で、ちょっと理解できた。

人が生きる意味は才能とか職業とかやるべきことではなくて、毎日の一瞬一瞬すべての中にあるってことだなって。僕はそう理解して、21年はひとつの行動や言動・感情にしっかり向き合っていこうと思っている。

そんなことを考えながらホットサンドを焼いたら盛大に焦げました。なんかこれすらも涙が出そうになる(いろんな意味で)。
でも、イヤなことは去年に落としてくれたのかもしれない。ちょっぴり前向き。


サービスエリアのカレー

なんであんな美味しいんやろう。
1月2日、大阪の実家に行った帰り、高速道路で新年早々渋滞に大ハマりして、サービスエリアで晩御飯を食べることに。僕はカツカレー。サービスエリアのカレーってなんであんな美味しいの。ココイチの方が美味しいし、安いのに。
そんなことを考えながら、ふとバンド時代を思い出した。売れてないながらに週末は地方へ遠征することが多くて、サービスエリアにもよく行った。けど、当時はフリーターで月10万円も稼げず、親のスネをかじるような生活をしてたから、サービスエリアの休憩所なんて無料の水かお茶を飲むだけ。ご飯は併設されたコンビニで買ったカップ麺かおにぎり。いつか休憩所のシンプルなラーメンとかカレーが食べたいと思ってた。もしかしたらその数年分の願いがスパイスになってるのかも。


5年ぶりに連絡してみた

6年ぐらい前、僕が漫画を描き始めた頃にお声がけしてくれた出版社の方で、当時はフォロワー数も少なかったし、全然仕事もなくて。ただただ作品に魅力を感じて「何年かけてもいいので、一緒に良い本を作りませんか?」…と声をかけてくれた方で。何度か打ち合わせをしたものの、当時の僕は目先の生活に一杯一杯になっていて、本のことを考える余裕もなく連絡を返せなくなって音信不通に。
それから「いつか謝りたい」と心の中で引っ掛かってながらも、今更かな…とソッと蓋をしたりを繰り返してたんですけど、去年末、自分が今まで出会った人の中で誰と一緒に作品作りをしたいかを考えたときに浮かんだのがこの方で。
意を決してお詫びと、軽くお話ができれば…と連絡してみると、すぐに返事をくださりオンラインで再会しました。
当時のことは全然気にしないでくださいと笑顔で言ってくれて、近況報告から最近考えてることを話したりしていく中で、また一緒に企画を考えることに。
時間かかったけど、気持ちに素直になって連絡してよかった。2022年、すごくワクワクした1年になりそう。


自分の得意を模索する

というわけで、今年からこうしてテーマごとに小さなエッセイとして書く形にしてみようと思います。漫画もそうなんですけど、長いのを作るより短い方が自分らしく表現できるような気がする。短く軽く、やんわりと。
今年はじっくりゆっくりいろんなことにチャレンジして、失敗して、年末になんかいい感じのものが手のひらサイズで残ってればいいなって気持ちでいこうと思います。なので、この形式もすぐにやめちゃうかもですがー。



こんなのも書いてるので、よかったら


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
吉本ユータヌキ

サポートしていただいたり、有料記事を購入してくださった売り上げは次の新しいこと始めるための活動資金とさせていただきます。いつも本当にありがとうございます!

ありがとうございます〜!今日の運勢は〜…
吉本ユータヌキ
毎日がちょっと楽になりそうなマンガや文章をかいてます😶‍🌫️|お仕事のご依頼は▶︎https://corkagency.com